ファクタリングとは?

 

資金繰りが悪くなりそうな状況の経営者様やすぐにでも資金調達が必要な経営者様は、

 

急な資金調達にも対応できるファクタリングをご利用ください。

 

 

ファクタリングとは?

ファクタリングとは、お持ちの売掛債権を売買して資金化するサービスの事です。

請求書を発行してから、その売掛金が決済されるまでに1カ月~3カ月かかる取引の場合、

その売掛金が入ってくるまでの必要経費や商材購入費・下請け業者への支払い・外注費等は

先出ししなければならなくなります。

このような状況で銀行融資が間に合わない、もしくは銀行融資が断られた方の

資金調達方法はファクタリングが最適なサービスとなっております。

売掛金・売掛債権さえあれば誰でも審査対象となり、

金融機関で審査落ちされた方でも審査対象となります。

ファクタリング申し込み会社の状況よりも、売掛先の状況が審査に影響してきます。

銀行融資と違い、手元資金調達までに最短即日での資金調達も可能です。

 

ファクタリング事例

建築業での下請けとなる中小企業の建設・建築会社は支払いサイトの長さや手形での支払いが多いことから、資材の仕入れや人件費の資金繰りに困る事が多々あります。

手形割引を利用すれば、期日前に資金調達ができるものの、すでに限度額いっぱいまで利用している会社は後がなくなります。

このような状況が多く発生しているからこそ、ファクタリングを利用する建設・建築業の事業者が増えてきているのです。

 

運送業は取引先の入金前に、燃料費や人件費、車両トラブルによる資金がショートしてしまうことが多く、資金繰りに困っている事業主が多く見受けられます。

この時に売掛け金を買い取ってもらうことで資金調達ができるファクタリングを活用することでキャッシュフローを改善することができます。

ファクタリングは資金調達方法の選択肢として考えておくといざとなった時に強い味方となります。

 

ファクタリングをご利用の際にはぜひジャパンマネジメントのファクタリングを!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です