ファクタリングとは?

 

ファクタリングとは?どのようなサービスなのか?

企業の売掛債権・売掛金を買い取り、自己の危険負担で債権の管理・回収を行う金融業務。

 

ファクタリングって?

売掛債権買取業務のこと。

ファクタリング会社は,取引先企業が売掛先に商品などを売ったり、サービスにより得た売掛債権や手形を割り引いて買い取り,みずからの判断に基づいて貸し倒れのリスクを引き受け,また売掛金に対する前払を行う。売手企業にとっては,売掛代金の管理,回収という煩わしい業務から解放され,貸し倒れのリスクも回避でき,併せて資金調達ができる。

 

 

一般的には、債務者の顧客に対する多数債権を、担保のために債権者が譲り受けることをいう。しかし、実際上では、このファクタリング業務の内容は多岐にわたっているようである。本来あるべき姿のファクタリングは、ファクタリング業務を営む者が、その顧客の有する現在および将来の売掛債権を、顧客に対する償還請求権なしで一括して買い取ることにより、顧客に資金を供与し、それに伴って、顧客の直面する経営経済上の諸問題についての情報を提供し、買い取った売掛債権の管理・回収をすることであるとされている。

 

 

 

ファクタリング (factoring) とは、他人が有する売掛債権を買い取って、その債権の回収を行う金融サービスを指す。

ファクタリングには様々な種類がある。

 

 

ファクタリングのメリット

1、ファクタリング業者は手形割引時に債権者に支払った金額と、債務者から徴収した債権の額面との差額で利鞘を得る。また、債権者・債務者双方からシステムへの参加料を徴収する。

2、債権者側は、手形と同様に割引(期日前に利息を差し引いて支払ってもらうこと)をファクタリング業者にしてもらうことが可能であり、かつ支払猶予期間の貸倒リスクをファクタリング業者に転嫁することができる。また、債権回収コスト(領収書発行が不要なため、印紙代や送付時の切手代が不要)も削減できる。

3、債務者側は、事務負担の軽減により、手形の発行コストを削減できる(人件費・印紙代)。債権者へは、債務者・ファクタリング業者双方から、支払日・割引可能日を連絡(FAXや手紙)するだけである。

債権者・債務者双方に共通するメリットとして、手形紛失・盗難のリスクが軽減されることが挙げられる。債権者が手形を無くしたからといって、本当に支払わなければ、相手が倒産する可能性もあり、二重払いをせざるをえない場合もある。 それに比べファクタリングでは、上記のFAX手紙に金銭的価値は無く、債権者(譲渡された者も)はシステムへの参加契約を結び、かつ事前にファクタリング業者に報告された者でなければ、金銭化ができないのである。

 

 

ファクタリングのデメリット

1、ファクタリング業者は支払代行者として、貸し倒れリスクを背負うことになる。そのため、債務者とは契約に財務体質の悪化などの理由で一方的に支払代行を解除できる条件を入れるのが一般的である。

2、債権者側は、自身のメインバンクとの間に、ファクタリングの割引率より低率な手形割引契約を結んでいた場合には、損をすることになる。相手先の与信力が高ければ、裏書手続きに手間がかからない手形の方に魅力を感じる場合もある。また、ファクタリング業者自体が破綻した場合に、債務者に支払を求めることが原則できない。

3、債務者側は、ファクタリング業者へ支払代行手数料を払っているが、通常、その金額は従来の手形の発行コストよりも高い。ファクタリング業者は貸倒を恐れ、金額を高く設定しているからである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です