売掛債権担保融資

売掛金を担保に融資を行う売掛債権担保融資とファクタリングは全く別物です。
事業主がよく資金調達に利用される不動産担保ローンと同じで売掛債権担保融資は

負債(借金)になりますが、ファクタリングは売買の取引なので、買取、つまり、

債権の権利が移転します。

 

売掛金担保融資では、負債が返済できなくなったときに、担保として売掛債権が

譲渡され、融資元の銀行やノンバンクに権利が移ります。

ファクタリングでは、完全買い取りになるため、ファクタリングした時点で

権利はファクタリング会社に移ります。

 

ファクタリング取引を行うと、権利がファクタリング会社に移転しているので

売掛先から入った入金を、流用してはいけません。横領罪に問われることも

あります。お気を付けください。

 

      ファクタリングなら福岡のジャパンマネジメント

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です