資金調達の無料相談

中小企業の事業資金のご相談なら

 

全く知らない人にお金の悩みを相談するのは、かなり抵抗があります。

そして可能なら自分だけで解決したいと考えてしまいます。

「可能なら自身で資金調達を成功させたい」

「財務資料を他人には見せたくない」

「どのように資金調達をするのかだけ知りたい」と思っているのではないでしょうか?

しかし、残念ながら財務資料や現況をお聞きしない事には、資金調達の提案は不可能です。

また、自身で資金調達をおこなった結果、

手数料の高い複数の消費者金融から借入をおこない多重債務になるケースが多く見受けられます。

もし本当に資金調達の成功を考えているのであれば、

当社に専門家がおりますので信頼して任せるのが早くて確実な選択だと思います。

相談は無料ですのでお気軽にお問合せ下さい。

 

 

資金調達|ファクタリング|福岡県

 

 

資金調達

資金調達|中小企業|ジャパンマネジメント

 

資金調達コンサルティングとして営業させていただいておりますので、

資金調達でお困りの事業主様はお気軽にご連絡してください。

弊社はファクタリングによる資金調達を得意としておりますのが、

ファクタリング以外の資金調達方法もご用意しておりますので、

他社ファクタリング会社で、ファクタリング契約がお断りされた

事業主、経営者の皆様もお気軽にご連絡下さい。

 

資金繰りのご相談ならジャパンマネジメント

 

アパレル業s社の成功事例♪

急な資金調達ならファクタリング|ジャパンマネジメント

 

開業間もないS社では実績も、

不動産などの担保に提供できる資産もなく、

銀行からつなぎ融資などを受けることが難しい状況でした。

チャンスはあったものの、大きな取引を引き受けることで

資金繰りが回らなくなることを恐れてお断りしている状況でした。

そんな時にジャパンマネジメントでファクタリングを導入することで

売掛金を現金化できることを知ったS社。

ファクタリングを導入してからは資金繰りの悪化を恐れることなく

大きな取引の受注に動き出すことができるようになりました。

 

 

ファクタリングは「利便性」に特化した資金調達方法のひとつと言えるでしょう。

緊急である場合や、一気に資金繰りを改善させたい時。

緊急時の保険としてファクタリングを知っておく事がリスク分散につながるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

ビジネスローン

資金調達のご相談ならジャパンマネジメントで解決!!

経営者様方々も、先行投資の資金調達ができず、チャンスを台無しにする前に、

売掛債権をファクタリング契約に利用し、先行投資としての資金調達などを成功させ、

大切なャンスをものにしましょう。

そんな急な先行投資にもファクタリングは最適な資金調達手段です。

 

ビジネスローンは銀行が行うサービスと思っているお客様がいらっしゃったので、

ここではごく簡単にご説明いたします。

資金調達方法としてビジネスローンをお考えの方は下記を参考にしてはいかがでしょうか?

 

 

ビジネスローンについて

 

ビジネスローンは銀行だけではなく、信販会社・消費者金融でも取り扱いが有り、一般的には、

ノンバンク ( 消費者金融 ) の事業融資を 「 ビジネスローン 」 と呼ぶこともあります。

イメージとしては、事業に対しての融資をビジネスローンと思われても過言ではないと思います。

 

 

ビジネスローンのメリット

 

・.審査が割と早終わるので可否が出るのが早い

・.個人事業主でも総量規制の対象外

・申し込みが簡単でインターネットからでも申し込みができる会社が多い

・担保・保証人が不要

・銀行融資よりも審査が通りやすい

 

 

ビジネスローンのデメリット

 

・金利が高くなりやすい

・限度額設定が低めになる

・ビジネスローンを名乗る悪徳業者が存在する

 

銀行融資が困難な経営者様は、ビジネスローンでの資金調達にトライしてみて下さい。
それでも資金調達が困難な方は、売掛債権を利用してファクタリングをご検討ください。

ファクタリングを理解するには

ファクタリングを理解するために必要な4つの専門用語

ファクタリングを理解するために最低限必要な専門用語として、以下の4つがあります。

 

・売掛金

・債権

・債権者

・債務者

 

特に頻出する用語ですので、それぞれの意味を簡単に解説しておきます。

 

 

売掛金

モノやサービスを売買する際に発生する、「将来的に支払われるお金」のことを指します。

例えば、翌々月払いとなっているB社に対し、A社が100万円の商品を売ったとします。

この場合、A社に対し、100万円の売掛金=「将来的に支払われるお金」が発生する

ことになります。

この売掛金は、B社の支払い日である翌々月まで回収することができません。

この支払いまでの時間差が、ファクタリングを理解するためのポイントとなります。

売掛金を回収する権利=債権と捉えるとよりわかりやすいでしょう。

 

 

債権

債権とは、「一定の行為を請求できる権利」のことです。

これでは少しわかりにくいので、この記事内では、「お金を払ってもらえる権利」だと

理解しましょう。

例えば、A社が100万円の商品をB社に売却したとすると、商品代金が支払われるまでの間、

A社は「B社から100万円を払ってもらえる権利」を有することになります。

この権利が債権なのです。

 

 

債権者

債権を持っている人のことです。多くの場合では、商品やサービスを提供した側が持つ

ことになります。

借金でいえば、お金を貸した側の人に発生するケースが多いです。

 

債務者

債権に対し、何らかの行為を行う義務がある人のことです。

例えば、誰かからお金を借りた場合、借金を返済する義務がある人のことです。

これらの専門用語を理解していてください。

 

売掛金で資金調達|ファクタリング|ジャパンマネジメント