ファクタリングをご利用ください。

資金繰りが悪くなり資金調達にお困りの経営者様は

売掛金買取サービスのファクタリングサービスをご利用ください。

ファクタリングサービスは、売掛金・売掛債権をファクタリング会社が買い取るサービスで、

売掛金・売掛債権があれば審査対象です。

ファクタリングご利用会社が赤字であったり、代表者の与信が悪くてもほぼ関係ありません。

ファクタリング会社が審査するにあたって重要視するのは、

売掛先の信用力や、売掛金の内容に重きを置きます。

よって、銀行融資が困難な経営者様でもファクタリングであれば

資金調達できる可能性は十分にあります。

銀行融資は可笑しなもので、資金が潤沢に回っている時ほど銀行の営業がきます。

実際に資金が必要な状況下では、なかなか融資してくれません。

銀行融資は金利も安く、一番リスクがない資金調達方法と言えるでしょう。

リスクの大小より会社の存続に関わる早急な資金調達が必要な事態には、

銀行融資を待つ時間もないと思います。

そんな事態にも対応できる資金調達方法がファクタリングサービスなのです。

経済産業省も推し進めているこのファクタリングサービスは、

まだまだ認知度が低く一般的な資金調達方法とは言えません。

このような便利な資金調達方法のひとつであれファクタリングサービスが

もっともっと経営様に周知していただけると

破綻や倒産する会社もなくなるのではないでしょうか?

ファクタリングサービスについてのお問い合わせ・お申込みなら

ジャパンマネジメントにご用命下さいますようよろしくお願いいたします。

福岡ファクタリング

福岡ファクタリングならジャパンマネジメントをご利用ください。

ジャパンメントは福岡県に特化したファクタリング会社です。

ファクタリングとはどのようなサービスなのか?

ファクタリングサービスをご利用された事の無い経営者様の為に

簡単なファクタリングのご説明をさせていただきます。

【 ファクタリングとは? 】

ファクタリングとは? ファクタリングの意味

商品の販売やサービスの提供により発生した売掛債権 ( 売掛金 ) を

ファクタリング会社 ( ファクター ) に買い取ってもらい、

その売掛債権の約定支払日前に資金化するサービスです。

法人様とのお取引ですと、商品やサービスの提供をして売掛金 ( 売掛債権 ) が発生しても、

取引条件の内容によっては、月末締めの翌月末払い・翌々月末払いというのはよくある条件でして、

すぐに決済されないことはよくあると思います。

しかし、商材の仕入れ代金や外注費の支払い代金、自社の給料等の経費の支払いは、

売掛金の決済前に先行することがよくあり、そのような状況になると資金繰りが悪くなり

経営者がお悩みになる事が多くあります。

通常、資金繰りが悪くなり資金調達が必要になれば、第一に銀行融資での資金調達をお考えになると思いますが、

業績悪化や税金等の未納があれば銀行融資での資金調達が困難になると思います。

また申し込みから実際の資金調達までには1か月以上の時間がかかったり、

早期資金が必要な場合には最適な資金調達手段とはいえません。

ファクタリングによる資金調達の場合、売掛債権の買取申し込みを依頼した企業様よりも

売掛先の信用力の方に重点を置きます。

なので、債務超過・赤字決算・税金未納・その他債務があっても審査対象となり、

門前払いをされることはありません。

そして、申し込みから資金調達までの期間も短く、早急に資金調達が必要な場合にも対応できる資金調達方法です。

 

情報通信事業

 

ITシステム業者|大阪府|42歳

 

システム開発のB社。エンジニアが1名病気で入院したのが響いて

作業が遅れ、月頭の納期には間に合ったが、請求が締め日の25日を

過ぎてしまったため、入金が1か月延びてしまった。

フリーのエンジニア数名を外注で使ってるため、経費は立て替えて

先に支払わなければならない。今月末の売り上げで外注先への支払いを

先に済ませると、来月末までの運転資金が枯渇してしまう。

25日請求分の850万円の債権を掛け目70%分を15%の手数料で買い取って

もらい、資金を調達、無事支払いも終わり、設備投資にも資金を

回せました。

 

大阪府|ファクタリング|

 

 

 

宮崎ファクタリング

宮崎県でファクタリングのご利用をお考えの経営者様は

ジャパンマネジメントのファクタリングサービスをご利用ください。

宮崎県に特化したファクタリングならジャパンマネジメントのファクタリングにお任せ下さい。

急な資金調達が必要になれば、保有されている売掛債権を

ファクタリングに利用し、早期資金化が図れます。

 

宮崎|ファクタリング|事例

 

幅広い年齢層をターゲットにした女性向けの洋服をの

OEM生産を受注している企業のファクタリング事例として、

年商は2桁単位の億を売り上げる規模の企業なのですが、

発注サイクルが早いため、キャッシュフローが間に合わない時期があり、

季節的要素として、夏物に比べて生地が厚いコートなどの大きいものが

メインになる冬季にキャッシュフローが厳しくなる事が多々ありました。

生産を海外委託先工場で行っていましたが、冬季の厳しくなる時期に工場の機械不備により、

別の工場を利用して再度資金が必要になり、資金ショートは免れない状況でした。

この資金ショートに対応できるよう銀行融資を検討したが、時間的に非常に厳しく、

早期資金化が図れるファクタリングによる資金調達となりました。

2社間ファクタリングで早期の資金繰りを計画し、

申し込みからたったの三日で資金調達に成功。

 

ファクタリングのジャパンマネジメント

 

 

資金繰りの改善

資金調達が必要になる理由は業種問わずさまざまな理由があると思いますが、

自社の問題によって資金調達が必要になるパターンと、

お取引先などの他社の問題によって資金調達が必要になるパターンがあります。

自社のミスや不手際によって資金調達が必要になるのは仕方がない事ではあると思いますが、

他社の問題により資金調達が必要になってしまった場合、

すぐに資金調達ができればまだ良いですが、すぐに資金調達ができなければ

心身ともにかなりのダメージを受けてしまいますよね。

 

ファクタリングによる資金調達事例

 

建設業を営んでいるU社長が、お取引先からの入金が1カ月遅れる事になった時の事で、

U社長自社ではファクタリングサービスによる資金調達の経験があり、

売掛債権を保有しているお取引先にファクタリングサービスによる資金調達方法を

提案し、ファクタリングでの 資金調達 により入金が遅れてしまう分の資金調達に成功。

元請け等の資金の流れが悪くなれば、資金が流れていく先の子会社や、請負会社等の全体の資金繰りが悪くなります。

それにより発生する問題は、もしかしたら取り返しがつかない事態になるかもしれません。

この事例のように、大本の会社が資金調達する事により、

自社の資金繰り以外の会社も資金繰りが悪化せずに済みます。

資金調達にお困りでしたら、ファクタリングによる資金調達で

自社の資金繰りと他社の資金繰りも改善できますので、

ジャパンマネジメントまでご連絡下さい。

 

ファクタリングはジャパンマネジメント|九州 福岡|