福岡ファクタリング

福岡ファクタリングならジャパンマネジメントをご利用ください。

ジャパンメントは福岡県に特化したファクタリング会社です。

ファクタリングとはどのようなサービスなのか?

ファクタリングサービスをご利用された事の無い経営者様の為に

簡単なファクタリングのご説明をさせていただきます。

【 ファクタリングとは? 】

ファクタリングとは? ファクタリングの意味

商品の販売やサービスの提供により発生した売掛債権 ( 売掛金 ) を

ファクタリング会社 ( ファクター ) に買い取ってもらい、

その売掛債権の約定支払日前に資金化するサービスです。

法人様とのお取引ですと、商品やサービスの提供をして売掛金 ( 売掛債権 ) が発生しても、

取引条件の内容によっては、月末締めの翌月末払い・翌々月末払いというのはよくある条件でして、

すぐに決済されないことはよくあると思います。

しかし、商材の仕入れ代金や外注費の支払い代金、自社の給料等の経費の支払いは、

売掛金の決済前に先行することがよくあり、そのような状況になると資金繰りが悪くなり

経営者がお悩みになる事が多くあります。

通常、資金繰りが悪くなり資金調達が必要になれば、第一に銀行融資での資金調達をお考えになると思いますが、

業績悪化や税金等の未納があれば銀行融資での資金調達が困難になると思います。

また申し込みから実際の資金調達までには1か月以上の時間がかかったり、

早期資金が必要な場合には最適な資金調達手段とはいえません。

ファクタリングによる資金調達の場合、売掛債権の買取申し込みを依頼した企業様よりも

売掛先の信用力の方に重点を置きます。

なので、債務超過・赤字決算・税金未納・その他債務があっても審査対象となり、

門前払いをされることはありません。

そして、申し込みから資金調達までの期間も短く、早急に資金調達が必要な場合にも対応できる資金調達方法です。

 

宮崎ファクタリング

宮崎県でファクタリングのご利用をお考えの経営者様は

ジャパンマネジメントのファクタリングサービスをご利用ください。

宮崎県に特化したファクタリングならジャパンマネジメントのファクタリングにお任せ下さい。

急な資金調達が必要になれば、保有されている売掛債権を

ファクタリングに利用し、早期資金化が図れます。

 

宮崎|ファクタリング|事例

 

幅広い年齢層をターゲットにした女性向けの洋服をの

OEM生産を受注している企業のファクタリング事例として、

年商は2桁単位の億を売り上げる規模の企業なのですが、

発注サイクルが早いため、キャッシュフローが間に合わない時期があり、

季節的要素として、夏物に比べて生地が厚いコートなどの大きいものが

メインになる冬季にキャッシュフローが厳しくなる事が多々ありました。

生産を海外委託先工場で行っていましたが、冬季の厳しくなる時期に工場の機械不備により、

別の工場を利用して再度資金が必要になり、資金ショートは免れない状況でした。

この資金ショートに対応できるよう銀行融資を検討したが、時間的に非常に厳しく、

早期資金化が図れるファクタリングによる資金調達となりました。

2社間ファクタリングで早期の資金繰りを計画し、

申し込みからたったの三日で資金調達に成功。

 

ファクタリングのジャパンマネジメント

 

 

ファクタリング事例

 熊本県|ファクタリング

 

熊本県 水俣市  防水業

 

外注先の不手際により、手直しが出て、他工事に手が回らず

他の外注先に丸投げすことになりました。

10日余りの納期のずれにより、入金日もずれこみ

材料の仕入れにもキャッシュがかつかつ、おまけに期待してた

利益が外注先にまる投げしたことにより、翌月の利益が減少。

今月はなんとかまわりそうだが、来月は資金が不足します。

キャッシュフローの改善を迫られ、ジャパンマネジメントに

資金繰りの相談をしました。

来月ファクタリングしても、利益の先食いになるので

その翌月も売り上げを増やさない限りは、またファクタリングして

資金を調達しなければなりません。

新たな外注先をジャパンマネジメントさんに紹介していただき、

受注を増やし、マイナス利益分を何とか取り戻しました。

 

売掛金でキャッシュフロー改善|ジャパンマネジメント|九州

 

 

資金繰りの改善

資金調達が必要になる理由は業種問わずさまざまな理由があると思いますが、

自社の問題によって資金調達が必要になるパターンと、

お取引先などの他社の問題によって資金調達が必要になるパターンがあります。

自社のミスや不手際によって資金調達が必要になるのは仕方がない事ではあると思いますが、

他社の問題により資金調達が必要になってしまった場合、

すぐに資金調達ができればまだ良いですが、すぐに資金調達ができなければ

心身ともにかなりのダメージを受けてしまいますよね。

 

ファクタリングによる資金調達事例

 

建設業を営んでいるU社長が、お取引先からの入金が1カ月遅れる事になった時の事で、

U社長自社ではファクタリングサービスによる資金調達の経験があり、

売掛債権を保有しているお取引先にファクタリングサービスによる資金調達方法を

提案し、ファクタリングでの 資金調達 により入金が遅れてしまう分の資金調達に成功。

元請け等の資金の流れが悪くなれば、資金が流れていく先の子会社や、請負会社等の全体の資金繰りが悪くなります。

それにより発生する問題は、もしかしたら取り返しがつかない事態になるかもしれません。

この事例のように、大本の会社が資金調達する事により、

自社の資金繰り以外の会社も資金繰りが悪化せずに済みます。

資金調達にお困りでしたら、ファクタリングによる資金調達で

自社の資金繰りと他社の資金繰りも改善できますので、

ジャパンマネジメントまでご連絡下さい。

 

ファクタリングはジャパンマネジメント|九州 福岡|

ファクタリング成功事例

福岡県でファクタリングによる資金調達をお考えの経営者様に朗報です!!

ジャパンマネジメントのファクタリングは、早い!安い!丁寧!

福岡県でファクタリングをご検討の経営者様は

ぜひジャパンマネジメントのファクタリングサービスをご利用ください。

 

福岡県|ファクタリング事例

●建設業を営むM社長の場合、、調達金額 550万円

リフォーム工事が期日までに終わらず、工事完了が月またぎになってしまい、

売掛金の締めと支払いが1ヶ月ずれてしまいました。

しかし、外注費・材料費の支払いは待たせることはできず

さらに、大手企業のの仕事を受託・受注するにあたり

前払いの外注費・材料費が想定以上になってしまい、つなぎ資金が足りず

二重の悩み事を抱えていました。

今回、ファクタリングにて資金調達が出来たので、資金繰り悪化が改善出来ました。

リスケジュール中だったこともあり金融機関やノンバンクは審査否決になってしまいましたが、

ジャパンマネジメントさんはそういった背景も正直に説明した上で

ファクタリング契約に応じてくれました。本当に感謝しております。