ファクタリング以外の資金調達方法の一つとして

 

こんにちは。こんばんは。おはようございます。

 

資金調達にお困りでしたらジャパンマネジメントにお任せ下さい!!

 

ジャパンマネジメントは資金繰りにお困りの経営者様に対して、

 

ファクタリングをメインに資金調達のサポートをさせていただいております。

 

資金調達の一つとして、不動産担保ローンという資金調達方法があります。

 

 

 

不動産担保ローンとは??

 

金融機関が提供するサービスの一つで、所有されている不動産を担保に

 

融資を実行してくれるサービスになります。

 

その担保に入れる不動産の価値によって融資できる金額等も決まってきます。

 

不動産担保ローンは、金利が5%前後の低金利ということにメリットと、

 

無担保ローンに比べ審査がかなり通り易いというメリットがあります。

 

不動産担保ローンの低金利というメリットを生かすために

 

住宅ローン・無担保ローンの借り換えや、支払いを一まとめにしたり

 

返済額を減らす為に利用されることも多くあります。

 

さらに不動産担保ローンは、無担保ローンやビジネスローンに比べて、

 

長期での借り入れができるので、毎月の返済額を抑える事も可能です。

 

 

不動産担保ローンにもデメリットはあり、

 

不動産を担保に入れるという事は、抵当を入れるという事になります。

 

不動産の価値を見出すのにはそれなりの期間が必要で、一週間くらいの時間を要します。

 

債務の不履行があり、抵当権を実行されれば、

 

担保に入れた不動産を売却して返済しなければなりません。

 

 

このように、良くも悪くもメリットデメリットをご理解していただき

 

ご検討された方が良いかと思われます。

 

 

急な資金調達が必要であれば不動産担保ローンよりも

 

ファクタリングサービスの方が最適な資金調達方法となります。

 

ファクタリングは、売掛金・売掛債権さえあれば審査対象となり、

 

審査のスピードも早く、最短で即日の資金調達が可能な資金調達方法となっております。

資金調達ファクタリング

 

8月も残すとところ、残り10日くらになりましたね。

 

まだまだ当分は真夏日よりが続きそうですので、早く過ごしやすい気温になってほしいのもです。

 

昨日は、地球のどこかで皆既日食が見られたようで、

 

一部地域にはかなりの人が集まっていたようですね。私も一度は見てみたいものです。

 

 

 

資金調達事例

 

銀行融資が困難なN社長は、銀行融資以外の資金調達方法として

 

ファクタリングサービスを利用し、500万円の資金調達に成功。

 

 

 

資金調達で一番初めに思い浮かぶことは、ほとんどの方が

 

銀行融資 による資金調達ではないでしょうか?

 

ここ近年では、企業の経営状況が悪化し銀行融資を受けられない法人様が増えており、

 

銀行融資以外の資金調達方法が求められる法人様が増えております。

 

そんななか、銀行融資以外の資金調達方法として増えてきたのがファクタリングサービスです。

 

ファクタリングサービスは売掛債権を買い取るサービスで、

 

ファクタリング会社が一番重要視するのは、売掛先の信用力なので

 

ファクタリング利用会社や、代表者個人の信用力はさほど影響しません。

 

それに伴い、銀行融資よりも資金調達率がはるかに高く、早急な資金調達が可能です。

 

銀行融資が困難な事業主様は是非ファクタリングサービスをご利用ください。

 

ジャパンマネジメントのファクタリングサービスは全国対応しております。

 

特に九州地方・福岡県・佐賀県・大分県・熊本県・宮崎県・鹿児島県に特化しております。

 

資金調達でお困りの事業主様はジャパンマネジメントにご相談ください。

 

必ずお力添え致します。

 

 

男気ファクタリング

こんにちは。こんばんは。おはようございます。

資金繰りでお困りの事業主様にとっての救世主JMです。

と言われるくらいの存在になれるように日々精進し、日々勉強しております。

本日ファクタリングでのご契約をいただきました東京都港区の建設業を営むS社長

ファクタリングのご契約誠にありがとうございました。

売掛先から入金が遅れそうな旨のお話を先週からされていたようで、

万が一売掛先からの入金が無い場合に備えて、他社で請け負っていた売掛金をファクタリング取引に利用。

このタイミングでファクタリングされるあたりが、お金には代えられない信用を大切に考えられてらっしゃる社長様なのかなと思いました。お聞きすると私が思っていた内容の答えが返ってきて少し嬉しくなりました。

結果は明日にならないと分からないようですが、資金調達が必要な場面を想定してからの資金調達は、

さすが経営者様だなと思いました。

現在資金調達が必要なくても、資金調達が必要になる前に資金のストックとしてファクタリングを利用される経営者様も多くいらっしゃいます。

大阪府大阪市の建設業を営むO社長も同じ状況でファクタリング契約されました。

愛知県名古屋市で土木業を営むK社長も同じ状況でファクタリング契約されました。

ここ近年でファクタリングが少しずつ普及してきた日本ではありますが、ファクタリングが普及する以前の事業主の方は

どのような方法で資金調達されていたのでしょうか?

一つ目は、ファクタリング取引と似た、手形取引が多く利用されていました。この手形取引が普及していたことにより、ファクタリング取引が普及しなかった理由の一つです。

二つ目は、現在でも一番の資金調達手段として銀行融資が多く利用されており、現在過去問わず資金調達手段の順位としては一番が銀行融資でしょう。

しかし現在では、審査が厳しい銀行による資金調達が不可能な事業主様が多く存在しているのが現状で、

銀行融資をお断りされた事業主様はどこから資金調達するのでしょうか?

おそらく、銀行融資をお断りされた事業主様は、ビジネスローンでの資金調達をお考えではないでしょうか?

ビジネスローンも多く利用されている資金調達方法ではありますが、金利がカードローンのように高く、

銀行融資とは比べ物になりません。ただ総量規制にはかからずある程度大きな金額の融資で資金調達できる為、

資金繰りに困った事業主様には大変利用価値がある資金調達方法となります。

さらには、ビジネスローンでも資金調達ができなかった事業主様はどうでしょうか?

銀行融資や、ビジネスローンが審査落ちするという事は信用情報に問題がある事が多く考えられ、

信用情報で左右される資金調達は高確率で難しくなるでしょう。

そこで活躍するのがファクタリングによる資金調達方法です。

ファクタリングによる資金調達の審査というのは、基本的には売掛先の信用力の問題になり、

ファクタリング取引される事業主様が対象ではありません。

銀行融資のように審査から資金調達までに時間がかからず、借り入れにもなりませんし、

早急に資金調達が必要な場合にも適したサービスといえるでしょう。

そんな資金調達が必要な事業主様のためのファクタリングサービスでお力添えをしております。

それではまた

^^) _旦~~

事故にはお気を付けください。

 

こんにちは。

資金調達でお困りの事業主のかたの為のコンサルティングを得意とするJMです。

本日出社途中で事故現場に遭遇しました。

いつもの通勤経路で出社していたのですが、渋滞しておりなかな進まなかったので事故かな?

とは思っていましたが、やはり事故でした。

お客様とのファクタリング契約での約束時間があったので、早急にお客様に電話し、

事故により遅れる旨を伝えました。

ですが、私のドライビングテクニックによりもともとのお約束時間に間に合いました。

決して速度超過したわけではございません。笑

お客様には、土、日、祝日の契約をしても、実際ファクタリング取引での買取金額の着金は月曜になる事をお伝えしておりましたので、

急ぐ必要はなかったのですが、出来るだけお約束を守りたかったという気持ちでなんとか間に合いました。

本日朝の事故現場をみたときに思ったのですが、

重大な契約があったとして、理由はどうあれ契約できなくなり会社に多大な損害を被ってしまったらどうしますか?

その契約が無くなることにより資金繰りが悪化してしまう事も十分に考えられます。

しかし、売掛金・売掛債権があればファクタリング契約により早急に資金化することが可能です。

ファクタリングとは?売掛金や売掛債権を売買し、早期資金化を図るサービスです。

理由はどうあれ早急に資金調達がひつようであればファクタリングサービスのご利用をお勧めいたします。

それと仕事をしているかであれば誰でも経験あると思うのですが、急がなくてはならない時があると思いますが、

事故を起こしてしまったら余計に時間がかかってしまいますので、特に運転中はご注意ください。

車両の損失ならまだよいですが、命に代えれるものは何もないですよ。

皆様、お急ぎの時ほど平常心で事故等にはお気を付けください。

それではまた

^^) _旦~~

 

ファクタリングとビットコイン

こんにちは。こんばんは。おはようございます。

JMです。

最近、ビットコインに関しても世間でちょいちょい騒がれるようになってきましたね。

私も存在自体は数年前から存じてはいましたが、当時は知識もないし、

仮想通貨で良い話を聞いたことが無かったのでずっと何年か様子見していましたが、

ビットコインだけはとんでもないくらい高騰しましたね。

これからは、もっと仮想通貨に目を向けていこうと思います。

国内でもビットコイン決済が進みだしたら日本円の価値はどうなるのでしょうか?

日本円は必要なくなるのでは?

税金問題は?

とにかく私には、想像もできないくらいの法整備や産業革命と言っても過言ではないような現象が起こりうるのではないかと思っております。

そして、その、日々一分一秒急激に高騰しているビットコインを買うために、早急資金調達が必要な方がいらっしゃいました。

一分一秒で価値が上がっているのもをすぐに買いたい気持ちはもちろん分かりますし、

いわば先行投資のようなものなので商売の観点からすると仕入れのようなもの?にあたると思います。

そこで早期資金化に最適なサービスのファクタリングでの契約を締結させ、資金調達を行いました。

この社長様は、周りの方にこのファクタリングの利用した理由をお話しされると、

馬鹿にされるとおっしゃっておりました。

私はむしろ共感してしまいました。

皆様、事業資金とは先行投資として使用する場合がおおくありませんか?

ジャパンマネジメントでファクタリング取引をして資金調達する方の理由は様々ですが、

その中でも、先行投資として早期資金が必要でファクタリングサービスを利用される方は多くいらっしゃいます。

投資するものが違うだけの事だと思っておりますので、

もし今の事業以外にも投資金が必要になりましたら

ジャパンマネジメントでファクタリング契約のご相談をお寄せください。

ご相談の前にファクタリングの審査だけでもすぐにできます。

それではまた

^^) _旦~~