ジャパンマネジメントジャパンマネジメント

銀行

銀行

民間金融機関から借り入れを行う場合は、公的機関から借り入れる場合と比べてより一層慎重かつ現実的な事業計画を練る必要があります。

民間金融機関の融資のメリットは、融資までにかかる時間が短いことです。公的機関は提出する書類も多く、審査にも時間がかかるので今すぐ資金が必要というときには不向きです。その点、民間金融機関の審査は手早く行われますので、スピーディーな業務遂行には最適です。民間金融機関は大きく分けてノンバンク・ 銀行融資・信用金庫・組合の4つに分類することが出来ます。

どの融資制度にもそれぞれ違ったメリットがありますので、自身にとって最適なものを、資金調達の手段として選択することが
重要になります。

銀行が行う融資には、信用協会の保証付き融資とプロパー融資
の2種類があります。
保証付融資とは、信用保証協会に保証人になってもらってから
受ける融資です。

プロパー融資とは

プロパー融資とは、銀行が信用保証協会をはさまずに事業資金を
貸付けしてくれることです。
この事業資金の融資(プロパー融資)が一番厳しく審査されます。
プロパー融資は信用保証の付かない事業資金融資となりますので、
かなりの信用力がないとなかなか審査が通りません。
開業して間もない企業では、プロパー融資を受けるのはかなりの
難問になります。

まずは、信用保証付き融資や、ビジネスローンで銀行との実績を
重ね、信用力を付けてから望むことが最善となります。

損益計算書

損益計算書は、財務諸表の1つであり、収益と費用の状態を
表すものです。
財務諸表は一般的には決算書といわれ、損益計算書は簿記の
手法により貸借対照表などと同時に作成されます。

銀行員がまずチェックするのは黒字か赤字かです。
売上総利益が赤字なら銀行には相手にされないでしょう。
そもそも会社が長くはもちません。
営業利益が黒字なら、銀行に対してかなり好印象になります。
営業利益以上に大事なのが経常利益です。
経常利益とは、支払利息などの本業以外の財務費用も加えたものです。
この利益が黒字なら企業は、営業活動、財務活動、投資活動などの
あらゆる経済活動の費用を控除しても経常的に利益が残り、真の意味での
強い企業といえます。

貸借対照表

利益の次にチェックされるのは、純資産です。
純資産とは、貸借対照表の資産から負債を差し引いたものです。
債務超過や累積損失となっていないかをチェックされます。
純資産がマイナス、つまり債務が資産を上回る債務超過状態
だと、根拠のある経営改善計画を提示しないと銀行はお金を
融資してくれません。
累積損失が計上されてる場合も評価は低くなります。

借入残高

一般的に借り入れ残高は、月商の3か月分までと言われています。
ただ業種にもよるので、あくまでもひとつの目安と思って下さい。
借入残高が大きい会社は、資金繰り表を作成のうえ、運転資金や設備に資金を投資する
ことを説明し、借入金の返済目処、資金繰りの好転時期を示す必要があります。

お問い合わせ

種別
売掛債権の有無
いますぐクリック