ジャパンマネジメントジャパンマネジメント

自治体の制度融資

自治体の制度融資

地方自治体(都道府県、市区町村)には、中小企業が通常の融資に比べ、低金利で融資を受けやすくするための制度融資という融資の制度を用意しています。

自治体としては、地元中小企業の成長や経営安定化、創業支援、産業振興等地域経済の発展のために行っています。

自治体の制度融資は、中小企業の資金調達を支援する目的で、各地方自治体が
信用保証協会、金融機関と連携して融資を行う仕組みになります。
主に起業家向けの創業融資などがあり、自治体が融資を直接行うわけではなく、
自治体、信用保証協会、金融機関の3者が協力をすることにより、金融機関が
貸し倒れす るリスクを減らし、銀行などの金融機関が起業したばかりの企業に
対しても融資を行いやすくしています。
仕組みとしては、信用保証協会が融資の保証人となり、地方自治体が金融機関に
融資の資金となる預託金を提供したり、保証料や金利の一部を負担したりして
います。
起業する際の資金調達として、地方自治体の制度融資は覚えておく必要が
あります。

制度融資のメリット

  • 1自治体が関与してはいますが、銀行に対して制度融資実行を強制するものではありません。しかし、銀行や信用保証協会は審査に前向きになる傾向があります。
  • 2創業資金の調達手段として、日本政策金融公庫の創業融資がありますが日本政策金融公庫よりも金利が安い傾向にあります。
  • 3元本を返済しないで金利だけを支払う据置期間が、日本政策金融公庫の新創業融資などと比べると 長く設定されています。

制度融資のデメリット

  • 1原則的に会社が所在する自治体の制度融資しか対象となりません。
    各自治体によって制度や内容が異なり、都道府県単位の制度融資も
    あれば、市区町村単位の制度融資もあります。
    どちらも信用保証協会の債務保証があってはじめて実行されます。
  • 2金融機関の手続き以外に地方自治体や信用保証協会の審査などを
    経る必要があります。
    そのため、新創業融資やその他の融資と比べて手続きが大変で、融資実行
    までの時間が長くなります。
  • 3特に市区町村の制度融資の場合、融資限度額が低く多額の資金調達には向いていない。

制度融資は各自治体によって利用の流れや内容は千差万別です。申し込み先だけでも自治体によって異なります。 銀行で申込ができるものもあるし、申込書類を自治体にもらいに行かなければならないところもあります。

銀行の担当者が制度融資の詳細を知らないことも多いので、相談に行くときは資料などを持って行ってあげるといいと思います。

自治体によって申込み手順は違いますが、
一般的には、下記に記載した事項が基本となります。

  • 1.自治体に斡旋の申込み
  • 2.審査が通ると、紹介状を持参し、指定金融機関に融資を申し込む
  • 3.金融機関経由で信用保証期間に保証の申し込みがなされる
  • 4.信用保証協会の担当者と面談
  • 5.保証決定後、金融機関の審査
  • 6.金融機関より融資実行

制度融資は各自治体によって利用の流れや内容は千差万別です。
申し込み先だけでも自治体によって異なります。
銀行で申込ができるものもあるし、申込書類を自治体にもらいに行かなければ
ならないところもあります。
銀行の担当者が制度融資の詳細を知らないことも多いので、相談に行くときは
資料などを持って行ってあげるといいと思います。

お問い合わせ

種別
売掛債権の有無
いますぐクリック