ファクタリングの今と昔

 

こんにちは。JMです。

 

福岡|ファクタリングならジャパンマネジメント!!

 

 

 

ファクタリングにも歴史があります。



アメリカでは、19世紀頃からファクタリングが少しずつ普及し浸透していったようで、

今ではごく当たり前の資金調達方法として取引されています。



日本でもファクタリングは、昭和中期より資金調達方法としての実態がはありました。

しかし、日本ではなぜファクタリングがあまり普及しなかったのか?

理由の一つとして、手形取引や、資金調達方法としては銀行融資が

一般的な考え方とされていたからです。



近年では、銀行融資の審査が厳しく、銀行融資による資金調達が困難になってきました。

では、銀行融資がおりなかった事業主はどこから資金調達したらよいのでしょうか?

そんな方が売掛債権を売買するファクタリングというサービスにより資金調達を行っていきます。

それからというもの、銀行融資がおりない方が目を向けだした事により少しずつ普及しだします。



ファクタリングの歴史は古く、15・16世紀頃にはイギリスで売掛債権の

保証サービスを主とするファクタリング業者が存在し、

その後、イギリスとアメリカの貿易の中で代金の前渡金融として行われ、

ファクターは資金提供と信用調査に特化して進化していきました。

それからというもの、アメリカでは不動産担保融資等よりも

一般的な資金調達手段として浸透しています。

昭和40年代には日本でも導入されますが、当時、日本では手形取引が主流となっており、

また売掛債権の譲渡が風評被害による取引先への信用低下を招くことや、

信用調査を特化して行う機関が未発達だったこともあり、なかなか普及しませんでした。

しかし、インターネットの普及や小口取引の増加などにより、手形取引の形が変化縮小し

売掛債権を使った資金調達方法が注目を浴びるようになりました。

経済産業省や中小企業庁でも、企業の流動資産のおよそ40%以上を占める売掛債権の

流動化を図ることにより、中小企業は期日が到来する前に売掛債権の資金化を早めることができ、

資金繰りが安定するという事で中小企業の資金調達の円滑化をはかる事ができると期待し、

売掛債権の流動化を推し進めています。

 

 

 

ファクタリング|福岡

ならジャパンマネジメント!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です