ファクタリングとは

 

ファクタリングとは?どのようなサービスなのかご説明いたします。

 

【 ファクタリングとは? 】

ファクタリングとは?

商品の販売やサービスの提供により発生した売掛債権 ( 売掛金 ) を

ファクタリング会社 ( ファクター ) に買い取ってもらい、

その売掛債権の約定支払日前に資金化するサービスです。

契約内容や売掛先の状況によっては、

商品やサービスの提供をして売掛金 ( 売掛債権 ) が発生しても、

月末締めの翌月末払い・翌々月末払いというのはよくある条件で、

すぐに決済されないことはよくあると思います。

しかし、商材の仕入れ代金や外注費の支払い代金、自社の給料等の経費の支払いは、

売掛金の決済前に先行することがよくあり、そのような状況になると資金繰りが悪くなり

金策に徹ししまわなければなりません。

通常、資金繰りが悪くなり資金調達が必要になれば、

第一に銀行融資での資金調達をお考えになると思いますが、

業績悪化や税金等の未納があれば銀行融資での資金調達が困難になると思います。

また申し込みから実際の資金調達までには1か月くらいの時間がかかったり、

早期資金が必要な場合には最適な資金調達手段とはいえません。

ファクタリングによる資金調達の場合、売掛債権の買取申し込みを依頼した企業様よりも

売掛先の信用力の方に重点を置きます。

なので、債務超過・赤字決算・税金未納・その他債務があっても審査対象となり、

門前払いをされることはありません。

そして、申し込みから資金調達までの期間も短く、

早急に資金調達が必要な場合にも対応できる資金調達方法です。

 


【 ファクタリング2社間取引の流れ 】

ファクタリングを利用する会社

1、商品やサービスの提供 ( 売掛金・売掛債権の発生 )

2、ファクタリング会社とファクタリング契約 ( 事務代行義務の発生 )

3、ファクタリング会社より買取金額の入金

4、売掛先からの決済後、ファクタリング会社へ入金


 

ファクタリングの3社間契約は、売掛先に債権譲渡の承認を得て契約することになります。

 

債権譲渡通知をしてもその後の取引に影響がない診療報酬等は、

 

3社間でのファクタリング契約が一般的です。

 

3社間契約のほうが手数料も安く済みます。

 

売掛先に債権譲渡を知られたくない、または知られるとその後のお取引に問題が

 

生じる可能性がある業種は2社間ファクタリング契約を実行するのが一般的です。

 

手数料が多少割高になりますが、一時的にキャッシュフローの改善が見込めます。

 

早急に資金調達が必要であればジャパンマネジメントのファクタリングをご利用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です