中小企業の資金調達

資金調達が必要になる理由は業種問わずさまざまな理由があると思いますが、

自社の問題によって資金調達が必要になるパターンと、

お取引先などの他社の問題によって資金調達が必要になるパターンがあります。

自社のミスや不手際によって資金調達が必要になるのは仕方がない事ではあると思いますが、

他社の問題により資金調達が必要になってしまった場合、

すぐに資金調達ができればまだ良いですが、すぐに資金調達ができなければ

心身ともにかなりのダメージを受けてしまいますよね。

ファクタリングによる資金調達事例

建設業を営んでいるU社長が、お取引先からの入金が1カ月遅れる事になった時の事で、

U社長自社ではファクタリングサービスによる資金調達の経験があり、

売掛債権を保有しているお取引先にファクタリングサービスによる資金調達方法を

提案し、ファクタリングでの 資金調達 により入金が遅れてしまう分の資金調達に成功。

元請け等の資金の流れが悪くなれば、資金が流れていく先の子会社や、請負会社等の全体の資金繰りが悪くなります。

それにより発生する問題は、もしかしたら取り返しがつかない事態になるかもしれません。

この事例のように、大本の会社が資金調達する事により、

自社の資金繰り以外の会社も資金繰りが悪化せずに済みます。

資金調達にお困りでしたら、ファクタリングによる資金調達で

自社の資金繰りと他社の資金繰りも改善できますので、

ジャパンマネジメント福岡までご連絡下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です