ファクタリングの歴史

今回はファクタリングの歴史についてお伝えします。

ファクタリングは日本においては1970年代に登場したと言われています。しかし、当時の日本では、企業の資金調達といえば銀行融資という慣習が根付いてこと、また、手形取引と非常に類似しているという理由で、あまり受け入れられませんでした。

日本でファクタリングが一般的に利用されるようになったのは、2005年に「債権譲渡の対抗要件に関する民法の特例等に関する法律の一部を改正する法律」において、債権譲渡の登記制度が確立してからです。これによって、従来頻発していた債権の二重譲渡といったトラブルが起こる可能性が大きく減少したため、債権譲渡が利用しやすくなりました。

ただし、日本の銀行は欧米に比べ、信用調査部門の能力がそれほど高くありません。したがって、ファクタリングは普通銀行ではほとんど行われていません。このような理由で、ファクタリングはまだまだ十分に浸透していない面があります。このように、日本におけるファクタリングの歴史はまだまだ浅いと言えます。

一方、海外における歴史はどうかというと、欧米の先進国ではたいへん古くから利用されている資金調達方法です。ファクタリングの発祥については諸説がありますが、売掛債権の支払保証を行うファクターはイギリスで14世紀後半頃から存在していたと言い伝えられています。

日本に比べると、たいへん歴史のある金融取引であることがよくわかります。その後、18世紀後半から19世紀にかけて、イギリスでは産業革命が起こります。この時期、ファクターが繊維会社をはじめとする企業に代わって、ファクタリングを用いて積極的に資金調達を行ったと言われています。

このように日本ではまだまだ認知度の薄いファクタリングも、欧米や先進国では古い昔から当たり前のように利用されていたんですね。

企業経営ではキャッシュフローが重視されています。このような状況のもと、キャッシュフローを改善する手段としてファクタリングを知っておくと、いざという時にきっと役立つはずです。

 

  資金調達はジャパンマネジメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です