売掛金とは

売掛金とは、

会社間での取引では、金額の大きい取引などの場合に

一定の期日を設定して、その期日にまとめて支払うことがよく

あります。ことやりとりを「掛け」といって簿記や経理では

よく使われる言葉です。

つまり、信用取引(掛取引)によって、商品やサービスを提供したが、

まだ代金を受け取ってないわけで、この代金を受け取る権利(債権)

を売掛債権(売掛金)と呼びます。

 

ちなみに売掛金と「未収金」の違いは、営業外取引によって発生する

債権を未収金と言います。

例えば、メイン事業ではない投資目的の不動産による賃料収入などが

それに当たります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です