売掛金と買掛金

買掛金とは

企業などが、仕入れ先などとの取引で発生した商取引における営業上の

代金の未払い分を指します。

簿記、経理上では、Ⅰ年以内に支払わなければいけない流動負債として仕訳されます。

 

製造業では、材料の仕入れをして、仕入れ先にまだ払ってない代金。

建設業では、仕入れ先に払ってない代金、外注先に注文した工事代金の未払い分。

 

つまり、何らかのサービスの提供を受えたら、お金を支払わなければいけません。

支払いが完了するまでの営業上の負債(債務)を買掛金と呼びます。

 

これに対して、何らかのサービスを提供して、お金を受け取る権利(請求権)を

支払いを受けるまで売掛金と呼びます。

 

また、未払い金とは、営業外の取引、不動産の賃料、給料の未払いなどを指します。

 

福岡で売掛金の相談はジャパンマネジメント

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です