リース契約とは

リース会社が機械設備等の物品を賃貸借する取引です。

リース取引の対象物件は中古・新品を問わず、リース会社が借主企業が

指定した物件を代わりに購入し、企業に貸し出します。

契約形態としては

 

1.        メーカーとリース会社の間で売買契約を結び

2.       リース会社とお客様でリース契約を結びます。

3.      メーカーからお客様に物件を納入、保守契約も結びます。

 

リース料は、税制上、全額を損金計上できるので、節税対策手段として

大企業から中小企業まで幅広く利用されています。

物件の所有権はリース会社にあり、原則として途中解約は出来ません。

 

 

リース債権ファクタリングもジャパンマネジメント福岡

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です