企業のライフサイクル

企業のライフサイクルとは?

今回は企業のライフサイクルについてお話します。

大まかに次のような4つのステージを辿ることになります。

 

・商品に対する認知度や需要が低い「導入期」

・認知度が高まり、需要が増えて売上が右肩上がりになる「成長期」

・売上のピークが過ぎ、業界内で淘汰が始まる「成熟期」

・ユーザーやニーズが減り、撤退のタイミングを図る「衰退期」

 

 

【導入期】

創業したばかりで、会社や商品・サービスの認知度が低い時期。

広告費や販売促進費などのコストがかかる。売上の伸びは非常に緩やかで、経営を維持するために多くの資金が必要になる。

【成長期】

新規顧客がリピーターとなり、売上がもっとも順調に伸びていく時期。

新規・既存客を競合に奪われないようシェアの最大化を図らなければならない。

管理体制の強化、資金ショートを防ぐキャッシュフローの見直しが求められる。

 

【成熟期】

売上が安定、または緩やかに下降して資金繰りが困難になる時期。

競合他社との差別化、新たなビジネスモデルによる新規客の開拓、既存客の維持など、事業計画の見直しが求められる。事業継承の準備が必要な時期でもある。

 

【衰退期】

需要が落ち込み、売上が下降する時期。借入金の返済について金融機関と交渉したり、赤字事業の撤退や売却、事業の抜本的改革などが必要になる。

 

どのステージを見ても資金が必要となります。

資金調達の方法を多く知っておくだけで、前もっていろんな準備ができるはずです。

繋ぎ資金はファクタリングで解決

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です