ファクタリングの法的解釈

ファクタリングの安全性、根拠となる法令について解説します。

一部で悪質なファクタリング会社が存在することも事実です。

本来のファクタリングは真っ当な取引であります。

法令と照らし合わせながら根拠を紐解きます。

 

 

 

 

ファクタリングに違法性は無い!!

 

 

 

ファクタリングは「債権を買い取り」その対価として「金銭を支払う」という金融取引であり、法的には売買契約、債権譲渡に当てはまります。

もちろん法律で認められている取引方法ですが、ネットなどで「ファクタリング」と検索すると、「逮捕」「違法性」といった予測変換の文字が多数見られます。

 

これは許可の持たない金融業者(ヤミ金)などが、利用者に対しファクタリング契約を持ち掛け、法定利息の何十倍もの金利を得ていた事件の摘発を受け急浮上したワードと見られております。

年々被害受ける企業が増加している傾向にあるため、ご利用の際はくれぐれもご注意ください。

 

資金調達、ご相談はジャパンマネジメント福岡!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です