ファクタリングのメリット

・売掛金を早期に資金化できる

売掛先企業から支払いまでに、支払いサイトによるタイムラグが発生します。

多いのは30日(一か月)ですが、業種によっては180日の場合もあるでしょう。

その間にキャッシュフローが行き詰まります。

それを回避するためにはファクタリングは有効的です。

 

・先方に知られることない

通常ファクタリングは3社間が主流であり、取引に関わる全社が譲渡を承諾する仕組みが

一般的でした。

しかし、大手企業の多くは債権譲渡の難色を示す傾向が強く、なかなか受け入れてもらえませんでした。

しかし今では、取引先に債権譲渡の連絡を入れる必要もなく、承諾もない2社間ファクタリングが主流となっています。

誰にも知られることなく資金調達が出来るというメリットがあります。

 

・融資関連の審査方法とは違う

ファクタリングは信用情報に加盟の登録義務のある金融機関の場合と異なり、融資ではないため、信用情報への登録義務がありません。そのため信用情報に影響がないことが挙げられます。

そのため、売掛債権の資金化がしやすく、信用情報への影響がありません。

ファクタリングを利用後などに銀行など金融機関の審査に対してのマイナスの影響がないか考える必要もありません。

銀行融資までのつなぎ資金として利用される方も多いです。

 

・連帯保証人や担保は必要なし

ファクタリングは融資や借入ではないため、連帯保証人は必要ありません。

そのため、売掛金を売却するファクタリングでは、自社の審査というよりは、取引先の信用度合いが重要となってきます。

 

 

いくつかメリットを紹介しましたが、まだまだたくさんあります。

資金調達の方法として知名度もあがってきましたが、知らないかたも多いのが現状です。

一人で悩まず、まずはお気軽にご相談をお待ちしております。

 

2社間ファクタリングの仕組み

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です