まだファクタリングを知らない方のために、
昨今、政府が推奨するファクタリングをご案内します。

 

政府がなぜ「ファクタリング」を推奨するか?

まず1つ目は、国内の中小企業が保有する売掛金は、76兆円以上存在し、活用されているのは全体の

0.6%に過ぎません。

そのためもっと資金調達手段として活用するべきだという考えが、叫ばれています。

実際のところ、アメリカ経済では、15%程度活用されている事を考えれば、有効活用されずに非効率だと

経済産業省は考えている訳です。

それに不動産価値は、景気と共に変動します。

また少子高齢化で人口が減少する日本社会では、今後不動産価値がどんどん低迷していく事が[

目に見えています。

そのため、担保不足で必要な金額を経営者が確保出来なくなる事が、今後ますます懸念されます。

もちろん返済時の利息を考えれば、もっとも負担が少ないのは銀行などの金融機関でお金を借りる事です。

しかし金融機関では、中小企業は大手企業の巨額融資と比較して、リターンが少なく、審査の際に

検討材料が少なく判断が難しいため、貸し渋りが顕著に表れています。

 

つまり中小企業は、金融機関ではほとんど審査にすら通らないのが現状です。

個人事業主だから諦めるのはまだ早い!!

個人事業主の方も、売掛先が法人であれば、買取(ファクタリング)の対象となります。

諦めずにまずはご相談を!!

 

経済産業省推奨のファクタリングサービス

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です