企業の生存率

皆さんは企業の生存率を考えたことはあるでしょうか?

ネットで検索してみると、以下の情報を示したページがいくつも出てきます。

1年後:40%

5年後:15%

10年後:6%

20年後:0.4%

 

ネットで紹介されている「10年後生存率6%」

驚きの数字ですが、他人事ではありません。

倒産原因は「販売不振」が圧倒的多数

 

販売不振   :69%

既往のしわ寄せ:13%

連鎖倒産   :6%

放漫経営   :5%

その他    :7%

 

販売不振が断トツで多く、連鎖倒産のように原因が他者にあるものは意外にも少ない結果となっていました。

 

売上の減少が最大の問題であることはわかりますが、販売不振も既往のしわ寄せも、ある日突然やってくるわけではありません。

 

月次決算等を行いタイムリーに事業の状況を把握し、必要なアクションを適時にとっていくこと。

 

資金繰りを常に把握しキャッシュフローを重視した経営を行うこと。

これらが大事になってきます。

 

あらゆる方法を知識として身につけておくだけで、会社を救えるかもしれません。

まずはご相談を!!!

 

ファクタリングならジャパンマネジメント福岡

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です