ファクタリングが活躍します!!

建築業

ファクタリング取引で最も多いのが、建設業です。
下請け、二次下請け、三次下請けと支払いピラミッド
が形成され、公共工事だと、工事額も高額で
支払サイクルも長くなります。
そのため、資金力が乏しい中小企業では
キャッシュフローの改善にファクタリングが
活躍します。

土木業

雨や、積雪などで工事に遅れが出るため資金繰り計画が崩れるときがあります。
建設業界だと最も、公共工事が多い業種で、国や都道府県などの
自治体から入金があるため、ファクタリング会社も
積極的に売掛債権の買い取りを行います。
公共工事絡みの債権だと手数料も10%以下と、低く設定される
ことが多いので、土木業界は、ファクタリング向きだと
言えます。

建設業の資金調達はファクタリングで|ジャパンマネジメント福岡

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です