公的融資とファクタリングを比較

資金調達の可能額

【公的融資】
・1000万円から3億円

【ファクタリング】
・月商の売掛金の範囲内

審査に要する時間

【公的融資】
・1か月から2か月位

【ファクタリング】
・最短即日可能

担保

【公的融資】
・場合によっては必要

【ファクタリング】
・不要

保証人

【公的融資】
・不要

【ファクタリング】
・不要

返済期間

【公的融資】
・1年から15年

【ファクタリング】
・およそ30日から60日

金利・手数料

【公的融資】
・年率で1%から5%

【ファクタリング】
・3社間取引1%から5%(業界平均)
・2社間取引10%から20%(業界平均)

審査対象となるもの

【公的融資】
・事業計画や経営状況など(総合的な審査)

【ファクタリング】
・売掛先が重要視される

審査の通りやすさ

【公的融資】
・民間の金融機関よりはハードルは低いとはいえ、借入状況や財務内容、資産状況なども加味しての審査となる。厳しく見られる。

【ファクタリング】
・債務超過や税金の滞納があってもOK。比較的に甘い審査。

信用情報機関への登録

【公的融資】

・される

【ファクタリング】

・されない

その他

【公的融資】
・債務超過や税金の滞納はNG。追加融資も原則無理な場合が多い。

【ファクタリング】
・継続的な利用が可能。

ファクタリングで資金調達|ジャパンマネジメント福岡

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です