ファクタリング活用事例

アパレル販売業のM会社の社長の例。

販売業績も安定し、次の展開を考えていた。

そんな中、新店舗を構えるにあたりいい条件の店舗物件の話を入手。

自己資金で賄えない金額ではなかったが、当面の運営に支障がでてはと悩んでいた。

銀行に相談をしてみたが、しばらく時間のかかりそうな雰囲気。

しかし、なかなかでない条件の物件。他からも応募が入っていてあまり待てないとの事。

多少の費用がかかっても今しかないとチャレンジすることに決め、ファクタリング契約を結ぶ。

早期に準備金を収め、店舗を開店。

見込みよりもいい結果が出そうとの事です。

答えのない分難しい判断ですが、資金調達でチャンスを逃さない為にも上手にご活用下さい。

ご相談はジャパンマネジメントへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です