3月19日 三月といえば決算期

3月といえば決算が迫り、バタバタとされている企業の方が多いかと

思われます。

ファクタリングは決算期にも活用できます。

その理由は、オフバランス化。

つまり、売掛債権の金額を減らし、現金を増やすことで、

今期の決算の調整ができます。

融資を考えなら銀行等の評価にもつながるのではないでしょうか。

決算のご相談もジャパンマネジメント

 

資金調達といえばファクタリング

本日も午前中は天気が良く、気持ちのいい日がつづいております。

資金の調達方法は様々あります。

・銀行融資

・ビジネスローン

・在庫等の処分等

それぞれのメリット、デメリットあると思います。

ファクタリングのメリットは早期現金化・オフバランス化・審査基準が融資と違い進みやすい

皆様も資金調達理由にあわせてご活用ください。

 

ジャパンマネジメントで早期資金調達

 

 

人材派遣業での事例

人材派遣業を営むN会社社長

 

長崎県 長崎市

資本金 2000万円

年商 3億5千万円

売却売掛金  1500万円

資金調達  1100万円

ファクタリング手数料 15%

非買取対象額 235万円

今年度で少し売り上げの悪い期間があり、そのしわ寄せがでできて困っている。

現状では十分な売り上げは立っているが入金サイトが2か月近いという

業界の特徴もあって支払いに影響が出てきそうとの事。

支払いに関してはきっちり行いたいとの社長の気持ちもあり、

今回ファクタリングを申込したそうです。

新規の申込ということもありましたが、社長も書類提出やヒアリング等に

しっかりと向き合っていただいたおかげで通常の新規のお客様よりも

早い段階で資金準備のご協力できました。

働くスタッフの給与に響く前に対応ができてまた、4月以降は

人が動くので会社のイメージを守るためにも今回の契約はよかったとの事です。

 

資金繰りの悩み解決します|ジャパンマネジメントに

月末のファクタリング

今日は九州地方も東京地方も雨です。

2019年は年初からおかげさまで毎日、資金繰りに困られてる

経営者さまや、会社の経理の方から資金調達のお問合せを

頂いております。

昨日に引き続き月末はバタついています。

ジャパンマネジメントのファクタリング日記を更新できたのも夕方過ぎで、

営業時間の合間をぬってブログを書いています。

毎月、月末になると売掛先からの入金、回収依頼、規顧客からの資金調達の依頼が多いですが、

クライアントの方々はきちんと約束を守ってくださっております。

お忙しい中ありがとうございます。

 

月末の資金調達でおこまりであればジャパンマネジメンへ

ホームページからのお問合せ

食品の卸を行っている個人事業主のT様よりお問い合わせ。

業績も伸びてきたので、来月に会社を立ち上げて、大手とお付き合いが出来そうとの事。

それに伴い、支払いサイトがこれまでより若干伸びてしまうこととになる。

銀行の融資も検討しているが、急な資金繰りが必要な時の為、ファクタリングについて

色々と教えてほしいと問合せをしてみたそうです。

ファクタリングの内容と弊社がご協力できることをお伝えしました。

 

九州のファクタリング会社比較