ファクタリングの法的解釈

ファクタリングの安全性、根拠となる法令について解説します。

一部で悪質なファクタリング会社が存在することも事実です。

本来のファクタリングは真っ当な取引であります。

法令と照らし合わせながら根拠を紐解きます。

 

 

 

 

ファクタリングに違法性は無い!!

 

 

 

ファクタリングは「債権を買い取り」その対価として「金銭を支払う」という金融取引であり、法的には売買契約、債権譲渡に当てはまります。

もちろん法律で認められている取引方法ですが、ネットなどで「ファクタリング」と検索すると、「逮捕」「違法性」といった予測変換の文字が多数見られます。

 

これは許可の持たない金融業者(ヤミ金)などが、利用者に対しファクタリング契約を持ち掛け、法定利息の何十倍もの金利を得ていた事件の摘発を受け急浮上したワードと見られております。

年々被害受ける企業が増加している傾向にあるため、ご利用の際はくれぐれもご注意ください。

 

資金調達、ご相談はジャパンマネジメント!!

資金調達にはなにがある?

「負債」によって資金を調達する=デッド・ファイナンス

おもに、国や地方公共団体から借りる公的融資、銀行融資、ビジネスローンなどを指します。

 

「資産」を何らかの形で資金に変える = デッド・ファイナンス

おもに、使っていない資産を売ったり、無駄な在庫を売ったりと。

売掛債権を売る(ファクタリング)なんかもこちらに当てはまります。

 

「資本」によって資金調達をする = エクイティ・ファイナンス

おもに、第三者割当増資、ベンチャーキャピタル(VXC)、クラウドファンディング

などがあげられます。

 

資金調達の方法には様々あります。

とくに中小企業の経営者は、銀行融資やビジネスローンぐらいしか思いつかない方がほとんどです。

労を惜しまなければ様々な資金調達の方法が存在します。

固定概念を外してチャレンジしてみてください。

会社を守る方法はきっとあるはずです。

 

ジャパンマネジメントでは、ファクタリングサービスだけではなく、様々な支援を

行っております。

資金調達はもちろんのこと、経営コンサルティングや店舗開業支援など。

まずはお気軽にご相談ください。

 

まずは相談を!!

企業のライフサイクル

企業のライフサイクルとは?

今回は企業のライフサイクルについてお話します。

大まかに次のような4つのステージを辿ることになります。

 

・商品に対する認知度や需要が低い「導入期」

・認知度が高まり、需要が増えて売上が右肩上がりになる「成長期」

・売上のピークが過ぎ、業界内で淘汰が始まる「成熟期」

・ユーザーやニーズが減り、撤退のタイミングを図る「衰退期」

 

 

【導入期】

創業したばかりで、会社や商品・サービスの認知度が低い時期。

広告費や販売促進費などのコストがかかる。売上の伸びは非常に緩やかで、経営を維持するために多くの資金が必要になる。

【成長期】

新規顧客がリピーターとなり、売上がもっとも順調に伸びていく時期。

新規・既存客を競合に奪われないようシェアの最大化を図らなければならない。

管理体制の強化、資金ショートを防ぐキャッシュフローの見直しが求められる。

 

【成熟期】

売上が安定、または緩やかに下降して資金繰りが困難になる時期。

競合他社との差別化、新たなビジネスモデルによる新規客の開拓、既存客の維持など、事業計画の見直しが求められる。事業継承の準備が必要な時期でもある。

 

【衰退期】

需要が落ち込み、売上が下降する時期。借入金の返済について金融機関と交渉したり、赤字事業の撤退や売却、事業の抜本的改革などが必要になる。

 

どのステージを見ても資金が必要となります。

資金調達の方法を多く知っておくだけで、前もっていろんな準備ができるはずです。

繋ぎ資金はファクタリングで解決

 

 

24時間ファクタリング無料診断♪

資金調達でお困りでしたらぜひ弊社をご用命ください。

現状、資金調達が必要なくても、いつ必要になるか分からないので、

その時の為にファクタリングの診断をしてみてもよいかと思います。

ジャパンマネジメントは、コンサルティング・ご提案は無料で行っておりますので、

一度ご相談だけでもしてみてはいかがでしょうか?

24時間受付しております。

ジャパンマネジメント

ファクタリングの歴史

今回はファクタリングの歴史についてお伝えします。

ファクタリングは日本においては1970年代に登場したと言われています。しかし、当時の日本では、企業の資金調達といえば銀行融資という慣習が根付いてこと、また、手形取引と非常に類似しているという理由で、あまり受け入れられませんでした。

日本でファクタリングが一般的に利用されるようになったのは、2005年に「債権譲渡の対抗要件に関する民法の特例等に関する法律の一部を改正する法律」において、債権譲渡の登記制度が確立してからです。これによって、従来頻発していた債権の二重譲渡といったトラブルが起こる可能性が大きく減少したため、債権譲渡が利用しやすくなりました。

ただし、日本の銀行は欧米に比べ、信用調査部門の能力がそれほど高くありません。したがって、ファクタリングは普通銀行ではほとんど行われていません。このような理由で、ファクタリングはまだまだ十分に浸透していない面があります。このように、日本におけるファクタリングの歴史はまだまだ浅いと言えます。

一方、海外における歴史はどうかというと、欧米の先進国ではたいへん古くから利用されている資金調達方法です。ファクタリングの発祥については諸説がありますが、売掛債権の支払保証を行うファクターはイギリスで14世紀後半頃から存在していたと言い伝えられています。

日本に比べると、たいへん歴史のある金融取引であることがよくわかります。その後、18世紀後半から19世紀にかけて、イギリスでは産業革命が起こります。この時期、ファクターが繊維会社をはじめとする企業に代わって、ファクタリングを用いて積極的に資金調達を行ったと言われています。

このように日本ではまだまだ認知度の薄いファクタリングも、欧米や先進国では古い昔から当たり前のように利用されていたんですね。

企業経営ではキャッシュフローが重視されています。このような状況のもと、キャッシュフローを改善する手段としてファクタリングを知っておくと、いざという時にきっと役立つはずです。

 

  資金調達はジャパンマネジメント