納税前の利用例

アパレル業を営むのW会社社長

消費税の納付期限が迫り、支払いをすると次の仕入れに影響が、、、

納税はきちんとしておきたいとの事で今回はファクタリングを利用。

銀行融資等も考えはしたが、利用は事業拡大時に行いたいという

社長の気持ちもあったそうです。

無事に納税も次の仕入れも終わったそうです。

 

急な資金繰りのご相談はジャパンマネジメントへ

24時間受付中♪

ファクタリングはあくまで緊急な資金調達が必要になった時に

経営を圧迫しない範囲で多くても数回程度利用するべきです。

オススメなのは、「融資より高い手数料を支払ってでも資金が今すぐ必要」な場合です。

金融機関からの融資で資金難を乗り越えられるのであれば、それに越したことはありません。

ですが金融機関からの融資を断られて、目先の資金調達で困っている経営者の方は数多くいらっしゃいます。

そんな緊急時の最後の砦となるのが、ファクタリングなのです。

正しくファクタリングを活用することにより、あなたの事業が拡大・発展していくことをお祈り申し上げます。

 

 

資金調達のご相談なら♪

 

 

バレンタイン商戦|ファクタリング

福岡県での事例です。

雑貨の卸・小売業の会社のK社長より

バレンタインのイベントが無事に終わりましたと報告が

ありました。

K社長はバレンタインにあわせて追加の予算を組み、2月の収益増を

狙っていましたが、予定外での支払いが続いてしまったため、

予算を組む事が出来ていませんでした。

2月に合わせて準備も行わないといけないので時間的な余裕もなく

今回の契約に至ったとの事。

手数料という負担はありましたが、お客様の要望と新規顧客の

獲得にもつながり、よかったというお言葉を頂けました。

 

ファクタリングのご相談はジャパンマネジメント

 

 

融資を受けられない条件でも

融資が受けれない条件

・業績悪化

・リスケジュール

・税金の滞納

・信用情報に問題

・返済資金のショート可能性

など様々あり、銀行融資等を受けることが厳しい状況ですが

ファクタリングであれば、売掛債権の譲渡になるので

上記の条件等があったとしても資金調達が可能です。

ファクタリングのジャパンマネジメント