鹿児島県 ファクタリング事例

建設業(防水業)

■資本金 300万円

■年商 400万円

■譲渡希望売掛金 320万円

■資金用途  外注費、材料費

■調達希望額 200万円

ジャパンマネジメントからの提示

■買取債権額  250万円

■買取額 210万円

■契約日:2日後

 

鹿児島県のファクタリング成功例

企業のライフサイクル

企業のライフサイクルとは?

今回は企業のライフサイクルについてお話します。
大まかに次のような4つのステージを辿ることになります。

・商品に対する認知度や需要が低い「導入期」
・認知度が高まり、需要が増えて売上が右肩上がりになる「成長期」
・売上のピークが過ぎ、業界内で淘汰が始まる「成熟期」
・ユーザーやニーズが減り、撤退のタイミングを図る「衰退期」

【導入期】
創業したばかりで、会社や商品・サービスの認知度が低い時期。
広告費や販売促進費などのコストがかかる。売上の伸びは非常に緩やかで、経営を維持するために多くの資金が必要になる。
【成長期】
新規顧客がリピーターとなり、売上がもっとも順調に伸びていく時期。
新規・既存客を競合に奪われないようシェアの最大化を図らなければならない。
管理体制の強化、資金ショートを防ぐキャッシュフローの見直しが求められる。

【成熟期】
売上が安定、または緩やかに下降して資金繰りが困難になる時期。
競合他社との差別化、新たなビジネスモデルによる新規客の開拓、既存客の維持など、事業計画の見直しが求められる。事業継承の準備が必要な時期でもある。

【衰退期】
需要が落ち込み、売上が下降する時期。借入金の返済について金融機関と交渉したり、赤字事業の撤退や売却、事業の抜本的改革などが必要になる。

どのステージを見ても資金が必要となります。
資金調達の方法を多く知っておくだけで、前もっていろんな準備ができるはずです。

 

繋ぎ資金はファクタリングで解決

 

九州ファクタリング事例

製造業 福岡県 O社様

「ファクタリングの利用は初めてで不安でしたが、

細かく説明していただけたので安心して資金調達できました。

2期連続赤字だったので無理かとも思ったのですが、

親身に話を聞いてくださり資金調達できました。」

 

建設業 佐賀県 T社様

急な受注増で材料費や人件費の前払い金により急遽、

ジャパンマネジメントさんにファクタリングを申し込みましたが即日に対応していただけました。

工事完了までの継続取引もしていただき大変助かりました。

情報通信業 熊本県 P社様

銀行融資を申し込んでいましたが、

融資実行に予想外に時間がかかってしまい、

ジャパンマネジメントさんにファクタリングをお願いしました。

ファクタリングは負債にならないということで、

銀行の融資も無事実行されて大変助かりました。

 

九州で資金調達をお考えなら

ファクタリング上手に活用しましょう

金融機関との大きな違いは、借り入れではないということです。

したがって、保証人や抵当などの必要がなく、そのまま現金化することができます。

売掛金があるということは、商売自体はうまくいっているということですので、

審査もそれほど厳しくありません。金融機関と比べて、より活用しやすい利便性があるのです。

利益が上がることで、さらに生産や売上の拡大が見込めるようになります。

そうなれば、補助金や金融機関の融資なども可能になってくるでしょうし、

再度利用することもできます。事業の発展のためにも、

ファクタリングを上手に活用してみてはいかがでしょうか。

売掛金現金化はジャパンマネジメント福岡

 

 

ファクタリングをお勧めいたします。

ファクタリングをお勧めいたします!!

・前の決算に比べ、借入金が増しているのに現金預金がない

・第三者保証人を立ててでも融資を受けようと考え中

・仕入先・外注先に、支払いをよく遅延している

・赤字受注をやらざるをえないほど財務が悪化している

・借入金が月商の6ヶ月以上存在する

・個人のお金をひんぱんに会社へ入れている

・リスケジュール済みで、それでも資金繰りに困窮している

・会社から給料をもらっているが、実際にはもらっていない

・従業員への給与支払いが遅れている

上記に当てはまる会社経営者様は、ファクタリングサービスをお勧め致します。
ご相談だけでも構いませんので、

ファクタリングのジャパンマネジメント福岡

までご連絡ください。