資金繰りの悪化原因

・財務に関わる相談相手がいない

・管理がされていない

・取引先の経営状態を把握していない

・万が一の資金調達方法を知らない

・過剰な設備投資をしている

資金繰りの悪化を防ぐには何よりも状況を把握することでしょう。

資金繰り表を利用し、キャッシュフローを確認することを心がけましょう。

そのほかに、公認会計士や税理士などの専門家を採用するという方法や、

資金調達方法を知っておくという方法もあります。

 

資金繰りのことならジャパンマネジメント福岡

 

 

九州ファクタリング事例

製造業 福岡県 O社様

「ファクタリングの利用は初めてで不安でしたが、

細かく説明していただけたので安心して資金調達できました。

2期連続赤字だったので無理かとも思ったのですが、

親身に話を聞いてくださり資金調達できました。」

 

建設業 佐賀県 T社様

急な受注増で材料費や人件費の前払い金により急遽、

ジャパンマネジメントさんにファクタリングを申し込みましたが即日に対応していただけました。

工事完了までの継続取引もしていただき大変助かりました。

情報通信業 熊本県 P社様

銀行融資を申し込んでいましたが、

融資実行に予想外に時間がかかってしまい、

ジャパンマネジメントさんにファクタリングをお願いしました。

ファクタリングは負債にならないということで、

銀行の融資も無事実行されて大変助かりました。

 

九州で資金調達をお考えなら

製造販売業ファクタリング事例

業種: 畳・襖の製造販売

年商: 10億円
従業員数: 60名
所在地: 佐賀県

銀行からの融資を控え、銀行担当者より納税証明書の提出を求められました。

しかし、税金の滞納があり納税証明書の提出が出来ずに困っていました。

ファクタリングで調達した資金にて未納分の税金を完済し、

納税証明書の提出も済ませられたことで、

無事銀行からの融資を受けることができました。

おかげさまで、その後の経営を軌道に乗せることができました。

キャッシュフロー改善に

ファクタリング例 佐賀県

■佐賀県 飲食業・卸業

■個人事業  開業8年

■駅前の商業施設で、飲食店と肉の卸を営むKさん。

店舗の改装で資金が必要になり、肉の卸の売掛債権

での資金調達を希望。

■調達金額 80万円

■手数料  17%

 

佐賀県でファクタリングするならジャパンマネジメント

 

 

介護サービスファクタリング事例

医療機関と同様で、介護の仕事でもサービスを提供してから

その報酬を受けるまでにタイムラグが発生します。

その期間の中に、光熱費やスタッフの給与、

社会保険などの支払いは必ずしていかなければならないわけで、

「黒字なのに現金資金が足りない」という黒字倒産の状態になるかもしれない

と不安があとからあとからついてきました。

それでもなんとか経営していましたが、

賞与や設備投資など一時的に資金が必要な月の資金繰りは本当に苦労していました。

銀行融資も時間がかかりますから、間に合うかと心労が絶えません・・・。

そんなとき、資金調達の方法を銀行融資以外でどうにかできないか模索していてファクタリングという取引を知りました。

売掛債権の完全買取りなので、融資と異なり担保や保証人も必要ないものです。

最初は手数料もかかるし、不安の方が大きかったですが、

借入金と違って返済していく必要がない点にも惹かれて、ファクタリングをすることに決めました。

そのあとに知ったのですが、知り合いの介護施設もファクタリングを利用して資金調達していて、

近年は中小企業や医療機関などで利用する企業は増えているらしいです。

創設間もない企業だと特に銀行融資は厳しいですが、

ファクタリングなら可能になるケースも多くあるようなので、

銀行に断られた企業にこそファクタリングをおすすめします。

エリア
佐賀県

業種
通所介護施設

内容
3社間ファクタリング

売掛金額
108万

買取金額
100万