資金繰りの悪化原因

・財務に関わる相談相手がいない

 

 

・管理がされていない

 

 

・取引先の経営状態を把握していない

 

 

・万が一の資金調達方法を知らない

 

 

・過剰な設備投資をしている

 

資金繰りの悪化を防ぐには何よりも状況を把握することでしょう。資金繰り表を利用し、キャッシュフローを確認することを心がけましょう。そのほかに、公認会計士や税理士などの専門家を採用するという方法や、資金調達方法を知っておくという方法もあります。

 

 

ジャパンマネジメント福岡

まずはご相談ください!

こんなお悩みございませんか?

開業したばかりで借り入れするのが厳しい

売掛先の入金がずれて資金繰りが厳しくなった

業績不振で追加融資を受けられない

審査から入金まで時間がかかる

税金滞納があるため、融資が受けられない

決算対策のため、決算書作成前に現金預金を確保したい

ファクタリングは金融機関の融資や借入とは異なる、事業主のための資金調達方法です。

最短1日で売掛金を早期に資金化が可能です。

銀行融資と異なり、資金繰り表や事業計画書の提出、保証人、担保が不要ですのでお手続きが簡単で、締め日に請求が発生した時点で、売掛金を買取し、現金化することが可能です。

 

融資ではないため信用情報への登録なし・影響もなし

ファクタリングは、銀行、ビジネスローンとは違い連帯保証人や担保の必要もなく、信用情報への影響も一切ございません。売掛金の早期買収により、借入金の増加による、金融機関への信用が落ちることはありません。

 

資金調達ならジャパンマネジメント福岡

 

 

ファクタリング向きの業種2

ヒルズ族以来、華々しい業界のイメージが先行するIT業界。

成功すれば、タレントなどの有名人と結婚したりなど、現代の成功した社長像の

代表的なイメージ像ですが、成功するまでは資金調達や入金サイクルの長さなどで

非常に大変な業種です。

PC、PC周りの機器や、デスクなど広大なスペースと設備投資が必要となります。

契約が決まると契約額はでかいですが、人件費の負担はおおきいものとなります。

おまけに、システムやソフトウェアの開発には時間がかかるため、納品までの

人件費や、その他経費は、立替なければなりません。

納品までの間のキャッシュフローを賄うだけの資金が必要となるのです。

開業間もない企業だと、金融機関からの調達もままならない場合が多く、

どうしても資金が枯渇しがちです。

そのようなIT企業は是非、ファクタリングのジャパンマネジメントに

ご相談下さい。

 

九州のIT企業の資金調達はファクタリングが便利

 

 

ファクタリング向きの業種

建築業

ファクタリング取引で最も多いのが、建設業です。

下請け、二次下請け、三次下請けと支払いピラミッド

が形成され、公共工事だと、工事額も高額で

支払サイクルも長くなります。

そのため、資金力が乏しい中小企業では

キャッシュフローの改善にファクタリングが

活躍します。

 

土木業

雨や、積雪などで工事に遅れが出るため資金繰り計画が崩れるときがあります。

建設業界だと最も、公共工事が多い業種で、国や都道府県などの

自治体から入金があるため、ファクタリング会社も

積極的に売掛債権の買い取りを行います。

公共工事絡みの債権だと手数料も10%以下と、低く設定される

ことが多いので、土木業界は、ファクタリング向きだと

言えます。

 

建設業の資金調達はファクタリングで|ジャパンマネジメント福岡