中小企業の銀行融資

銀行融資をうけるには、事業計画を明確にして、必要額を明確にしなければ

なりません。どのような事業に、なぜお金が必要なのかをわかりやすく説明し

資金を注入することにより、どのように事業が変化するのか、

また返済が経営を圧迫しないか、金利を含めた返済ができるのかを銀行は

考えます。

 

事業計画書と連動して、資金繰り表を作ることも

融資後のキャッシュフローの流れを把握することができるので

銀行員を説得するのに大きな材料となります。

銀行に融資を申し込む場合は、余裕をもって、計画性をもって

申し込まなければなりません。

急な申込みで実行を急ぐと銀行も不審がり、何らかのトラブルがあって

資金繰りが悪くなったのだろうかなどと不安感を与えます。

 

急な資金調達にはファクタリング|ジャパンマネジメント|九州 福岡|

 

 

急を要する資金調達はビジネスローンやファクタリングを御利用下さい。

 

 

銀行融資について詳しくは

 

 

 

 

ファクタリング|福岡

ファクタリング事例

 

福岡県田川市 省エネ事業  K株式会社  営業請負、工事

最近、太陽光関連の営業成績が悪く、売り上げが落ち気味なところも

あり、新たな分野を開拓するために、工事の方にも力を入れることに

しました。材料などの仕入れ業者と取引の約束を取付けたのですが、

先払い、立替払いは必要ないのですがデポジットとして

200万円の預託金が必要となります。

先月の契約が少なかったこともあり、今月は支払いを済ますと

ほとんど資金が残りません。

預託金を入れないと工事を請け負うことが、実質無理となります。

来月は、多少入金が増えてます。

何とかその分を資金化することにより、預託金はクリアしました。

来月、早期化した売掛金の決済を済ますと、その後の資金が

また心細いですが、来月は工事の請負も増えており

売り上げも30%は増える見通しです。

来月、もう一度ファクタリングをすれば、次の月末には、キャッシュフローも

改善し、資金も円滑にまわる予定です。

 

 福岡|ファクタリング会社

 

 

 

鹿児島県|ファクタリング

 

鹿児島県霧島市 住宅リフォーム業

 

O社は、今期順調に売り上げを伸ばしております。徐々に信用を得てきたところで

主要取引先より、公共工事の下請けの話が入ってきました。

工事額も大きいので是非とも、受注したいのだが、入金までのスパンが長く、材料費も

先払いの為、500万の資金が足りません。

銀行と取引してるものの、前期に回収見込みのない未払い金を損金計上したため、決算上赤字

になったため、追加融資が受けづらい状況になってます。

O社は売掛金を担保にした融資を検討

買取ファクタリングを知人より知る

ジャパンマネジメントに買取依頼

600万円の売掛金を510万円で買い取り

O社は資金調達して、材料の仕入れに成功

ファクタリング事例|福岡県

ファクタリング事例|東京都

東京都 建設業 K社長

急な受注が入り、材料費の支払いに困っていたのですが、銀行融資や

ビジネスローンは融資実行までに時間がかかり、ファクタリングという

資金調達方法があることを知りました。

月初ということもあり、請求書をあげたばかりだったので、20日後の売掛金を

半分ほど売却しました。無事に材料費を期日まで支払うことができたので、

工事に間に合い、会社の信用を失わず済み本当に助かりました。

 

ファクタリング事例|福岡県

福岡県 建設企業 J社長

主要取引先から大きな工事の依頼があり、外注費の手付金を支払わないと工事が

進まなかったので銀行などいろんな金策に回りましたが、支払期日まで資金調達が

できそうにありませんでした。

インターネットで資金調達 至急でけんさくしてたところ、ファクタリングという

聞きなれない資金調達方法にたどりつきました。ジャパンマネジメントさんのスタッフに

ファクタリングについて詳しく説明をしていただき、安心して取引ができました。

支払期日にも間に合い工事も順調に進んでいてこれからも大きな工事の受注ができそうです。

 

ファクタリング|福岡のジャパンマネジメント

 

 

ファクタリングって何?

ファクタリング事例  福岡県

A建設会社 S社長

 

飛び込み営業をさせていただいて、お話させていただいた当初は、ファクタリングってなに??

とおっしゃっていて、それに対してファクタリングとはどういうサービスなのかをご理解いただくまでに2週間くらい必要でしたね。

ファクタリングをご理解いただき、ファクタリング契約する事により、会社の危機を乗り越えれたことは本当に良かったと思います。

この社長様がご契約前の必要書類の多さにびっくりしていたので、ここでは一般的に必要とされる書類をご紹介します。

もちろんファクタリング会社により異なると思いますが、あくまで一般的に必要書類として掲載いたします。

ファクタリングサービスに必要な書類

・売掛先との取引が分かる通帳コピー

・売掛先に宛てた請求書

・決算書

・登記簿・債権譲渡登記事項概要ファイル

・身分証明書

・会社の印鑑証明

少なくても、上記記載のものに関してはほぼどのファクタリング会社でも必要になるのではないでしょうか?

通帳のコピーにしても、一年分が必要なファクタリング会社もあれば、3か月分しか必要ない会社もあるようですし、

決算書に関しては、1期分もしくは試算表だけよいファクタリング会社や、3期分・5期分を確認するファクタリング会社もあるようです。

弊社ジャパンマネジメントではお客様によっては、ファクタリング審査に必要な書類が変わってきます。

お客様のご提出が難しければ、ご要望にお応えすることもあるので、ジャパンマネジメントのファクタリング審査に必要な書類は、お気軽にお電話にてご連絡ください。

契約書に付随する書類に関しては、ファクタリング会社により大きく異なるようですので、ここでは割愛いたします。

資金調達方法の一つとして、ファクタリングでの資金調達は早期資金化が必要な場合には最適な資金調達方法ですので、

早期資金化が必要であればファクタリング取引による資金調達をお勧めいたします。