3月20日 ゴールデンウィーク前

ゴールデンウィークの十連休が控えています。

ここ最近の問い合わせで増えているのが、連休前に材料を用意しておかないと

いけないという悩みを持ったクライアントの方です。

特に建築系のお仕事の方は、連休で材料の仕入れがストップになるのと

期間が長いので普段より量を押さえないといけないという状況のようです。

当社に申し込みをされてご準備に協力することができた案件も増えてきています。

連休前にバタバタするまえに準備をされてみてはどうですか?

ファクタリングで資金調達にご協力いたします。

資金調達はジャパンマネジメント福岡

3月13日 ファクタリング利用事例

内装・リフォーム業を営むS社長

3月は繁忙もあり、受注も大幅に増え、材料費や下請け企業への

支払いも自動的に増えてくる。

月末の支払いをスムーズにするために今回も契約を頂きました。

今回の契約金は400万円。

協力をもらっている会社にも気持ちよく働いてもらいたいとの気持ちも

あるようです。

ファクタリングで資金調達ならジャパンマネジメントへ

 

融資を受けられない条件でも

融資が受けれない条件

・業績悪化

・リスケジュール

・税金の滞納

・信用情報に問題

・返済資金のショート可能性

など様々あり、銀行融資等を受けることが厳しい状況ですが

ファクタリングであれば、売掛債権の譲渡になるので

上記の条件等があったとしても資金調達が可能です。

ファクタリングのジャパンマネジメント

 

ファクタリングの法的解釈

ファクタリングの安全性、根拠となる法令について解説します。

一部で悪質なファクタリング会社が存在することも事実です。

本来のファクタリングは真っ当な取引であります。

法令と照らし合わせながら根拠を紐解きます。

 

 

 

 

ファクタリングに違法性は無い!!

 

 

 

ファクタリングは「債権を買い取り」その対価として「金銭を支払う」という金融取引であり、法的には売買契約、債権譲渡に当てはまります。

もちろん法律で認められている取引方法ですが、ネットなどで「ファクタリング」と検索すると、「逮捕」「違法性」といった予測変換の文字が多数見られます。

 

これは許可の持たない金融業者(ヤミ金)などが、利用者に対しファクタリング契約を持ち掛け、法定利息の何十倍もの金利を得ていた事件の摘発を受け急浮上したワードと見られております。

年々被害受ける企業が増加している傾向にあるため、ご利用の際はくれぐれもご注意ください。

 

資金調達、ご相談はジャパンマネジメント福岡!!

売掛金とは

売掛金とは、

会社間での取引では、金額の大きい取引などの場合に

一定の期日を設定して、その期日にまとめて支払うことがよく

あります。ことやりとりを「掛け」といって簿記や経理では

よく使われる言葉です。

つまり、信用取引(掛取引)によって、商品やサービスを提供したが、

まだ代金を受け取ってないわけで、この代金を受け取る権利(債権)

を売掛債権(売掛金)と呼びます。

 

ちなみに売掛金と「未収金」の違いは、営業外取引によって発生する

債権を未収金と言います。

例えば、メイン事業ではない投資目的の不動産による賃料収入などが

それに当たります。