資金調達にはなにがある?

「負債」によって資金を調達する=デッド・ファイナンス

おもに、国や地方公共団体から借りる公的融資、銀行融資、ビジネスローンなどを指します。

 

「資産」を何らかの形で資金に変える = デッド・ファイナンス

おもに、使っていない資産を売ったり、無駄な在庫を売ったりと。

売掛債権を売る(ファクタリング)なんかもこちらに当てはまります。

 

「資本」によって資金調達をする = エクイティ・ファイナンス

おもに、第三者割当増資、ベンチャーキャピタル(VXC)、クラウドファンディング

などがあげられます。

 

資金調達の方法には様々あります。

とくに中小企業の経営者は、銀行融資やビジネスローンぐらいしか思いつかない方がほとんどです。

労を惜しまなければ様々な資金調達の方法が存在します。

固定概念を外してチャレンジしてみてください。

会社を守る方法はきっとあるはずです。

 

ジャパンマネジメントでは、ファクタリングサービスだけではなく、様々な支援を

行っております。

資金調達はもちろんのこと、経営コンサルティングや店舗開業支援など。

まずはお気軽にご相談ください。

 

まずは相談を!!

企業のライフサイクル

企業のライフサイクルとは?

今回は企業のライフサイクルについてお話します。

大まかに次のような4つのステージを辿ることになります。

 

・商品に対する認知度や需要が低い「導入期」

・認知度が高まり、需要が増えて売上が右肩上がりになる「成長期」

・売上のピークが過ぎ、業界内で淘汰が始まる「成熟期」

・ユーザーやニーズが減り、撤退のタイミングを図る「衰退期」

 

 

【導入期】

創業したばかりで、会社や商品・サービスの認知度が低い時期。

広告費や販売促進費などのコストがかかる。売上の伸びは非常に緩やかで、経営を維持するために多くの資金が必要になる。

【成長期】

新規顧客がリピーターとなり、売上がもっとも順調に伸びていく時期。

新規・既存客を競合に奪われないようシェアの最大化を図らなければならない。

管理体制の強化、資金ショートを防ぐキャッシュフローの見直しが求められる。

 

【成熟期】

売上が安定、または緩やかに下降して資金繰りが困難になる時期。

競合他社との差別化、新たなビジネスモデルによる新規客の開拓、既存客の維持など、事業計画の見直しが求められる。事業継承の準備が必要な時期でもある。

 

【衰退期】

需要が落ち込み、売上が下降する時期。借入金の返済について金融機関と交渉したり、赤字事業の撤退や売却、事業の抜本的改革などが必要になる。

 

どのステージを見ても資金が必要となります。

資金調達の方法を多く知っておくだけで、前もっていろんな準備ができるはずです。

繋ぎ資金はファクタリングで解決

 

 

24時間ファクタリング無料診断♪

資金調達でお困りでしたらぜひ弊社をご用命ください。

現状、資金調達が必要なくても、いつ必要になるか分からないので、

その時の為にファクタリングの診断をしてみてもよいかと思います。

ジャパンマネジメントは、コンサルティング・ご提案は無料で行っておりますので、

一度ご相談だけでもしてみてはいかがでしょうか?

24時間受付しております。

ジャパンマネジメント

佐賀県 ファクタリング

佐賀県  鳥栖市  運送業 資本金 1000万円
従業員 6名 調達金額 300万 調達日数2日

資金調達が必要になる理由は業種問わずさまざまな理由があると思いますが、
自社の問題によって資金調達が必要になるパターンと、
お取引先などの他社の問題によって資金調達が必要になるパターンがあります。
自社のミスや不手際によって資金調達が必要になるのは仕方がない事ではあると思いますが、
他社の問題により資金調達が必要になってしまった場合、
すぐに資金調達ができればまだ良いですが、すぐに資金調達ができなければ
心身ともにかなりのダメージを受けてしまいますよね。

ご相談だけでもどうぞ♪

資金調達のジャパンマネジメント

資金調達コンサルティング

資金調達のジャパンマネジメント♪

資金調達コンサルティングの会社として営業させていただいておりますので、

資金調達でお困りの事業主様はお気軽にご連絡してください。

弊社はファクタリングによる資金調達を得意としておりますが、

ファクタリング以外の資金調達方法もご用意しておりますので、

他社ファクタリング会社で、ファクタリング契約がお断りされた

事業主様も 是非お気軽にご連絡下さい。

 

 

 

 

 

 

福岡県の中小企業の資金繰りにお悩みなら