急な資金調達が必要な時は

 

ファクタリング申し込みしてみる

最近の資金調達は、ファクタリング案件がダントツ1位です。

会社を運営されている方はお分かりと思いますが、

急な資金調達が必要になる時は、やはり多いようです。

そんな時にはファクタリングサービスをご利用ください。

私共も、資金調達にお困りのお客様には、いろいろお力添えできると思います。

例えば銀行融資が2か月後・3か月後には下りるが、

それまでの繋ぎ資金が必要な方にもファクタリングは最適な資金調達方法です。

不動産をお持ちの方は、不動産担保融資等で資金調達することも可能です。

いろんな資金調達方法があるので資金調達でお困りの方は

ジャパンマネジメントにお任せ下さい。

公的融資とファクタリングを比較

資金調達の可能額

【公的融資】

・1000万円から3億円

 

【ファクタリング】

・月商の売掛金の範囲内

 

審査に要する時間

【公的融資】

・1か月から2か月位

 

【ファクタリング】

・最短即日可能

 

担保

【公的融資】

・場合によっては必要

 

【ファクタリング】

・不要

 

保証人

【公的融資】

・不要

 

【ファクタリング】

・不要

 

返済期間

【公的融資】

・1年から15年

 

【ファクタリング】

・およそ30日から60日

 

金利・手数料

【公的融資】

・年率で1%から5%

 

【ファクタリング】

・3社間取引1%から5%(業界平均)

・2社間取引10%から20%(業界平均)

 

審査対象となるもの

【公的融資】

・事業計画や経営状況など(総合的な審査)

 

【ファクタリング】

・売掛先が重要視される

 

審査の通りやすさ

【公的融資】

・民間の金融機関よりはハードルは低いとはいえ、借入状況や財務内容、資産状況なども加味しての審査となる。厳しく見られる。

 

【ファクタリング】

・債務超過や税金の滞納があってもOK。比較的に甘い審査。

 

信用情報機関への登録

【公的融資】

・される

 

【ファクタリング】

・されない

 

その他

【公的融資】

・債務超過や税金の滞納はNG。追加融資も原則無理な場合が多い。

 

【ファクタリング】

・継続的な利用が可能。

 

ファクタリングはジャパンマネジメント福岡

 

 

金融機関との相違点

金融機関との大きな違いは、借り入れではないということです。したがって、保証人や抵当などの必要がなく、そのまま現金化することができます。

売掛金があるということは、商売自体はうまくいっているということですので、審査もそれほど厳しくありません。金融機関と比べて、より活用しやすい利便性があるのです。

 

利益が上がることで、さらに生産や売上の拡大が見込めるようになります。そうなれば、補助金や金融機関の融資なども可能になってくるでしょうし、再度利用することもできます。事業の発展のためにも、ファクタリングを上手に活用してみてはいかがでしょうか。

 

売掛金現金化はジャパンマネジメント福岡

資金繰りの悪化原因

・財務に関わる相談相手がいない

 

 

・管理がされていない

 

 

・取引先の経営状態を把握していない

 

 

・万が一の資金調達方法を知らない

 

 

・過剰な設備投資をしている

 

資金繰りの悪化を防ぐには何よりも状況を把握することでしょう。資金繰り表を利用し、キャッシュフローを確認することを心がけましょう。そのほかに、公認会計士や税理士などの専門家を採用するという方法や、資金調達方法を知っておくという方法もあります。

 

 

ジャパンマネジメント福岡