ジャパンマネジメント福岡

ファクタリングのメリットとデメリット

ファクタリングのメリットとデメリット

ファクタリングならば、キャッシュが不足する原因となりやすい「売掛金」を決済できると同時に、すぐにでも現金を手にする事が可能となります。
資金調達方法ファクタリングのメリットデメリットについて解説します。

ファクタリングのメリット

1. 簡単・スピーディー・最短即日

2. 保証人・担保不要

3. キャッシュフロー改善

ファクタリングは売掛債権の早期資金化によるキャッシュフローの改善が図れます。
ファクタリングは、償還請求権がない形(ノンリコース)で債権譲渡を行うため、
貸借対照表上、負債にはならず、売掛債権のオフバランス化、バランスシートの
スリム化が図れます。銀行やノンバンクだとリスケ中、債務超過、赤字決算の会社は
借り入れをしづらいですが、ファクタリングは、売掛先の与信力を重要視するため、
リスケ中などで銀行融資がおりない会社でも担保、保証人なしで資金調達が可能です。

ファクタリングのデメリット

1.手数料が高い

デメリットとしましては、ファクタリング取引は ファクタリング会社が売掛先企業の倒産リスクや
回収リスクを背負うことになるため、買取手数料がやや高く設定される傾向にあります。
また、三社間ファクタリング会社と二社間ファクタリング会社で手数料は異なり、三社間だと1%~5%、 二社間だと10%~25%がおおよその相場となっています。
なお、ファクタリングの手数料はファクタリング利用企業の経営状況、債権譲渡登記の有無、売掛先企業の信用度などによって設定されます。

お問い合わせ

種別
売掛債権の有無
いますぐクリック